台風12号 日本にいつ上陸する?現在地と最新進路について

台風12号が発生し、台風の勢力はあまり強くありませんが、秋雨前線が加わって大雨になると予想されています。

 

今回のまとめた内容はこちらです。

・台風12号 日本にいつ上陸する?

・台風12号 雨量について

・台風12号 現在地と最新進路

 

スポンサーリンク

台風12号 日本にいつ上陸する?

台風12号が、24日(木)から25日(金)にかけて、西日本や東日本にかなり接近するおそれがあり、警戒が必要な状況です。

また、25日(金)にかけて関東や東海など東日本に接近するおそれがあります。その後は温帯低気圧に変わって、三陸沖に進む見込みです。

 

台風12号 雨量について

23日(水)6時までの予想雨量としては、伊豆諸島、東海、近畿で120ミリ降ると予想されています。

 


また、24日(木)6時までに東海では200〜300ミリ、伊豆諸島・近畿では100〜200ミリ、関東甲信では100~150ミリと雨量が多くなります。

太平洋側を中心に25日にかけて、雷を伴った激しい雨が降る見込みです。

浸水被害や河川の増水、土砂災害に注意して、早めの対策を行うことが重要です。

 

台風12号 現在地と最新進路

気象庁によりますと、台風12号は22日午後9時には日本の南の海上を1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は30m、最大瞬間風速は45mで、中心から半径85km以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている状況です。

台風は今後、次第に進路を東よりになり、24日から25日にかけて東日本や北日本にかなり接近し、進路によっては関東や東海に上陸するおそれがあります。

 

まとめ

台風12号のいつ上陸するのか、現在地と最新進路についてまとめました。

台風の接近に伴い、雨量がとてつもなく多くなるそうなので、浸水被害や河川の増水、土砂災害の確認は怠らないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました